ホーム > 地域情報 > 置賜地域の情報 > 置賜地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > 置賜保健所 営業衛生担当からのお知らせ

置賜保健所 営業衛生担当からのお知らせ

井戸水を利用される方へ

飲用には安全が確保されている水道水をご利用ください。

手押しポンプ

上水道などの公共の水道は定期的に51項目(平成26年4月1日より亜硝酸態窒素0.04mg/L以下の水質基準が追加)の検査を行い、常に消毒された安全な水質が保たれた水を供給しています。

井戸水などの地下水の水質は一定しているとは限らず、地表からの汚染を受ける場合もあります。

水道が使用可能であれば飲用には水質管理が行われている水道水をお勧めします。

水道の給水地区以外でやむを得ず井戸水などを飲用に利用する場合には、定期的な水質検査や継続的な消毒を行ってください。

詳しくは、県食品安全衛生課飲用井戸の衛生確保をご覧ください。

旅館・公衆浴場の営業をされている方へ

レジオネラ属菌の自主検査は済んでいますか?

温泉と猿

旅館、公衆浴場の浴槽水のレジオネラ属菌の自主検査は山形県条例により、営業者に義務付けられています。

レジオネラ症の感染事故は入浴施設の日常の衛生管理の徹底により防止することができます。日頃の衛生管理が適切であることを確認するため、レジオネラ属菌の自主検査を行ってください。

自主検査の回数は、浴槽の条件により異なります。

詳しくは旅館業法施行条例、細則をご確認ください。(山形県条例・規則(目次検索)から第9編衛生→第3章保健衛生→第3節環境衛生→旅館業法施行条例、細則で検索できます。)

自主検査の結果、レジオネラ属菌が検出された場合は、すぐに営業衛生担当へ連絡してください。

申請書等のダウンロード

営業衛生に関する各種申請、届出の様式は、申請書ダウンロード(環境衛生に関する手続き)から入手できます。

 


もとのページに戻る

 

置賜総合支庁 (置賜保健所)生活衛生課トップページに戻る

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-12-18:リンク先の追加
  • 2015-01-15:レイアウト修正
  • 2017-05-17:リンク切れ修正
  • 2018-01-15:問い合わせ先の修正
  • 2018-04-26:リンク切れ修正
  • 2019-05-14:リンク切れ修正