ホーム > 地域情報 > 最上地域の情報 > 最上地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > ハサップ導入型基準について

ハサップ導入型基準について

●ハサップとは

ハサップは、原材料の受入れから最終製品の出荷までの各工程ごとに、微生物による汚染や

異物の混入などの危害を予測したうえで、危害の防止につながる特に重要な工程を連続的・継続的に

監視し、記録することにより、製品の安全性を確保する衛生管理手法です。

1960年代の米国のアポロ計画の中で宇宙食の安全性を保証するシステムとして考察されました。

ハサップは7原則12手順に沿って進めます。

手順1ハサップチームの編成まず始めにハサップチームを編成します。
手順2製品説明書の作成自社で使用している規格書を参考に製品説明書を作成します。
手順3用途や対象者の確認喫食・使用方法や喫食の対象消費者を明確にします。
手順4製造工程一覧図の作成原材料の受入れから製品の出荷までの製造工程一覧図を作成します。
手順5製造工程一覧図の現場確認製造工程一覧図に照らし合わせ、現場確認し、修正します。
手順6危害要因の分析製造工程ごとに発生するおそれのある全ての危害要因を分析します。
手順7重要管理点の決定製品の安全を管理するための重要な工程を決定します。
手順8管理基準の設定重要管理点で管理すべき基準値(温度、時間など)を決定します。
手順9モニタリング方法の設定管理基準に達しているか常時確認するモニタリング方法を設定します。
手順10改善措置の設定管理基準が達成されなかった時に是正する措置を設定します。
手順11検証方法の設定ハサッププランが有効に機能しているか検証方法を検討します。
手順12記録の作成モニタリング記録を作成します。

 

※外部リンク(ハサップ入門のための手引書:厚生労働省)

●ハサップ導入のメリットは

 自社で製造する製品の危害要因や重要管理点、管理基準、モニタリング方法、改善措置などを設定することで、

 1.安全性の保証された製品を提供できます。

 2.製造時の記録を残すことで、問題発生時に商品ロットの特定ができます。

 3.消費者や取引先への信用、信頼を生みます。

 4.衛生管理の見直しができます。

●ハサップ導入型基準について

 山形県では、食品等事業者の管理運営基準(食品等を取扱う営業者が公衆衛生上講じるべき措置の基準です。)として

従来の管理運営基準とハサップ導入型基準の いずれかの基準を選択することになりました。

また、ハサップ導入型基準を用いた衛生管理を開始した事業者は、「ハサップ導入型基準に係る実施申出書」を

提出する申出制度を行っています。

・ハサップ導入型基準に係る実施申出書(PDF:57.5KB)

●ハサップ導入型基準実施申出事業者について

 最上管内は22施設で申出を行っています。

 ハサップ申出事業所(食品安全衛生課ホームページへ)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年1月11日 公開