ホーム > 地域情報 > 最上地域の情報 > 最上地域のくらしに関する情報 > 保健・衛生 > もがみネットのご案内

もがみネットのご案内

「もがみネット」って何ですか?

 もがみネットは県立新庄病院と地域の医療機関・薬局・介護施設等(以下「医療機関等」)がインターネットを介し、個人情報を重視した方式で接続されたネットワークシステムです。
 患者さんの同意のもと、県立新庄病院から地域の医療機関等に診療情報を提供することができます。
 これにより、病院(急性期医療)、かかりつけ医(回復期)などが一体となり、切れ目のない連携した医療・介護サービスを提供することができます。
 地域において、健康で安心して暮らせる社会の実現を目指します。

※平成29年3月から、県立中央病院の診療情報も閲覧できるようになりました。

※医師・歯科医師のほか、平成30年度からは、医療機関等に勤務していて、法令等により守秘義務が課せられている職種の方(看護師・薬剤師・ケアマネジャー等)が利用できるようになりました。       

                                画像1  

 

どんなメリットがありますか?

①患者さんの病歴などが把握できるので、医療機関での一貫した診療や介護サービスにつながります。

②受診する医療機関が変わっても、継続した治療を受けられ、検査や薬の重複などを防ぐことができ、医療費の負担軽減につながります。

 

③入院時の経過や検査結果、飲んでいる薬の情報が、かかりつけ医や施設などで正確にわかるので、より安全な医療・介護サービスを受けることができます。

                                                                                                                                      

医師とPC県立新庄病院(及び県立中央病院)は、主に診療所などの閲覧のために、既存診療情報を提供します。                  
          提供する診療情報
            レントゲン画像情報など
県立新庄病院(及び県立中央病院)
矢印
もがみネットロゴ

県立新庄病院(及び県立中央病院)が提供した診療情報は、安全性を確保するため暗号化処理されるので、個人情報が漏れることはありません。
矢印(下方向) 
診療所・他の病院など

医師とPC受診する施設が変わっても継続した治療を受けることができ、重複した検査を防ぐことができます。

 

自分の診療情報を提供するには?

 県立新庄病院または「もがみネット」に登録している医療機関等に、診療情報提供のための同意書を提出します。
 その際患者さんは、ご自身の診療情報を提供する登録医療機関等を指定できます。
 また、「もがみネット」に参加するために、患者さんが負担する費用はありません。                                                          

                                                                          画像2  
 

各種申請書等について下記よりダウンロードしてお使いください。

         

\患者さん向け申請様式/
①もがみネット 同意書(または撤回届)の流れ(PDF206.7kB)
②もがみネット 参加申込書兼利用同意書(医療機関等用)(PDF72.4kB)
③もがみネット 参加申込書兼利用同意書(介護施設等用)(PDF65.6kB)
④もがみネット 撤回届出書(医療機関等用)(PDF59.7kB)
⑤もがみネット 撤回届出書(介護施設等用)(PDF58.7kB)

 

\医療機関等向け申請様式/
①もがみネット 申込みと利用までの流れ(PDF74.0kB)
②もがみネット 加入申請書及び利用者登録申請書(PDF99.0kB)
③もがみネット 退会届出書(PDF33.6kB)

 

\運用規程等/
①もがみネット 情報セキュリティ基本方針(PDF73.5kB)
②もがみネット 運用規程(PDF96.2kB)
③もがみネット 管理要領(PDF61.2kB)

 「もがみネット」利用施設一覧等の公表について

 「もがみネット」では、同意のあった患者さんの診療情報を共同利用していますが、平成26年12月に改正された「経済産業分野の個人情報ガイドライン」では「個人情報の共同利用制度の明確な説明」が改正のポイントの一つとなっており、下記事項について「あらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状況に置いている」ことが求められています。

(1)共同して利用される個人データの項目

(2)共同して利用する者の範囲

(3)利用する者の利用目的

(4)当該利用データの管理について責任を有する者の氏名又は名称

 

平成31年3月現在 「もがみネット」共同利用範囲(PDF83.8kB)

 

山形県医療情報ネットワークの県内全域での運用について

 平成31年3月20日から、地域を越えて患者情報を共有する「医療情報ネットワークの全県化」の運用が始まりました。

 

山形県医療情報ネットワークの県内全域での運用について(県地域医療対策課のページへリンク)

 

 登録手続き等については、各地域の医療情報ネットワーク協議会事務局の窓口(PDF:48.7kB)までお問い合わせください。

 

全県化によって・・・

〇 「医療情報ネットワーク」により、レントゲン画像などの患者情報を医療機関間で速やかに取り寄せられることから迅速な治療を行えること、更には共有するカルテから過去の検査履歴を確認することで検査の重複を避けることが可能となり、その効果を圏域を越えて受診する患者へ提供できます。

 

〇 救急時においても、「医療情報ネットワーク」を通し、これまで診療を受けた他病院の患者情報を圏域を越えて取り寄せることにより、迅速な救急処置につなげることができます。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2013-03-25 公開
  • 2014-01-21 改定様式掲載
  • 2017-05-15 改定様式・共同利用範囲掲載
  • 2018-03-19 改定様式等掲載
  • 2019-03-28 改正様式等掲載