ホーム > 組織で探す > 総務部 > 広報広聴推進課 > 山形県のプロフィール > 山形県民の歌「最上川」

山形県民の歌「最上川」

山形県民の歌の由来

この歌は、昭和天皇が、大正14年に山形県においでになられてご覧になった「最上川」の様子を、その翌15年の「歌会始(うたかいはじめ)」においておよみになられたものです。

昭和5年にいたって、宮内庁の許可を得て、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の島崎赤太郎教授が作曲し、以来、県民に親しまれてきました。

その後、昭和57年3月31日「山形県民の歌」に制定されました。

山形県民の歌 楽譜

山形県民の歌「最上川」の楽譜

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報