ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 庄内総合支庁 > 庄内保健企画課 > 健康増進・企画調整担当 > がん関係 > 庄内地域の住民の皆さまへ

庄内地域の住民の皆さまへ

働く人こそ、がん検診を受診しましょう 

 庄内地域ではがんで亡くなる方が多いんです!

庄内地域では、年間1,000人以上の方ががんで亡くなっています。これは、人口10万人あたりの死亡率としては県平均よりも高く、特に男性は県内4地域でもっとも高い状況にあります。

  syokuiki4

 実は、働き盛り世代も危ない!

「自分は若いし体力もあるから大丈夫」と思っていませんか?実は、庄内地域の働き盛り(40~64歳)世代では、がんで164人の方が亡くなっており、これは同年代の死因の第一位となっています。(平成21年 人口動態統計)

がんは決して他人事ではないのです。

働き盛り世代の半数以上の方は、がん検診を受診しています!

庄内地域の働き盛り(40~64歳)世代では、約55%の方が、職場や地域の検診で、がん検診(大腸がん検診)を受診しています。(平成21年の受診者数と対象年齢人口より庄内保健所で算出)

早期発見・早期治療につなげるために、まだ受診していない方も、ぜひ受診しましょう!

 

家族で声をかけあって受診しましょう 

男性は奥様から、女性はお子様から検診を勧められて、受診される傾向にあります。ぜひ、ご家族でがん検診のことを考え、受診について話してみてください。

⇒詳しくは、報告書のp.42~43をご覧ください。

 

がん検診の受診の方法

 syokuiki3

⇒職場で、健康診断(特定健康診査等)と一緒にがん検診機会を受診できる場合は、そちらで受診をお願いいたします。 

 syokuiki3

⇒職場で受診機会が無い場合、または部位によっては実施していない場合、市町の実施するがん検診を受診することができます。特定健康診査とは異なり「受診券」は不要です。

(問合せ先)
・鶴岡市健康課   0235-25-2111(内線367)
・酒田市健康課   0234-24-5733
・三川町福祉課   0235-35-7032
・庄内町保健福祉課 0234-42-0147
・遊佐町健康福祉課 0234-72-4111

 

皆さまの声をお聞きして、モデル事業を実施しました

  平成22年度に庄内町で実施したモデル事業は、庄内地域の皆さまの声をお聞きして、実施いたしました。がん検診実態アンケート調査では、庄内地域の事業主512名、従業員1,876名の方から調査にご協力いただき、がん検診の実態と意識を知ることができました。その中で「職場でがん検診の受診機会が無い従業員」の受診状況が良くないことが分かりました。また、検討部会では、庄内地域にお住まいの方からご参加いただいて、受診しやすいがん検診についてご意見をいただきました。

概要1

モデル事業は「クイック検診」と「レディース検診」及び、検診啓発のための「子どもから家族への受診勧奨」を実施しました。その結果、庄内町では受診者数が大幅に増加しました。

今回のモデル事業に限らず、庄内地域の各市町では受診向上を目指してさまざまな取り組みを行なっていますので、機会を捉えて受診してください。また地域全体で、がん撲滅の機運を高めるために、各地域で声をかけあってがん検診を受診しましょう。

 

「働く人のがん検診受診向上モデル事業」へ戻る


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2011-10-31 HP掲載

関連情報