ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 置賜総合支庁 > 西置賜道路計画課 > 主要地方道長井白鷹線『荒砥橋』架替事業

主要地方道長井白鷹線『荒砥橋』架替事業

事業箇所

西置賜郡白鷹町大字鮎貝~荒砥甲地内 

事業概要

  主要地方道長井白鷹線は、長井市の市街地と白鷹町の中心地区を結び、さらに、国道287号の代替機能を有する幹線道路です。また、荒砥橋は中心地区である最上川両岸の「鮎貝地区」と「荒砥地区」を連絡する極めて重要な橋梁です。
  しかし、荒砥橋は昭和32年の架橋から約60年を経過した老朽橋であり、幅員狭小のため、大型車同士のすれ違いが困難で、渋滞の原因になっています。さらに、冬期間は積雪で幅員が狭くなり、除雪時は片側交互通行を余儀なくされています。
  走行性や安全性の向上を図るため、車道や路肩が広く両側に歩道のある新たな橋に架け替えするものです。

渋滞発生状況写真

事業計画

◆計画延長 : 1,040m

◆幅   員 : 6.0[9.0](16.0)m  (片側 車道3.0m、路肩1.5m、歩道3.5m)
◆道路規格 : 第4種第2級

◆設計速度 : 50km/h

「荒砥橋」新橋諸元

◆橋   長 : 323.3m

◆幅   員 : 6.0[9.0](16.0)m

◆上部工形式 : 鋼構造 7径間連続 非合成 Ι桁橋
◆下部工形式 : 逆T式橋台 2基 、小判型逆台形橋脚 6基
 

 工事進捗状況

 令和元年7月現在、橋脚など下部工事は全て完了し、橋梁前後の道路改良工事を行っております。三重県津市の工場で橋桁の製作も行っており、今年の10月頃から架設に取り掛かる予定です。また、令和2年度にはコンクリート床版を整備し舗装する予定で同年度内の開通を目指しています。

<平面図>

 

 

 

<全景写真>

                                                                            令和元年7月1日現在

 

<橋桁製作状況>

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ