ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 置賜総合支庁 > 置賜生活衛生課 > 感染症担当 > 感染症発生動向調査 > 水痘

水痘

1 水痘(水ぼうそう)とは

水痘(水ぼうそう)は、水痘-帯状疱疹ウイルスによる感染症です。感染経路は、飛沫感染や接触感染で、まれに
経胎盤感染があります。潜伏期間は2~3週間で感染力は強く、冬から春にかけて9歳以下の子どもが発症すること
が多いといわれています。
健康な子どもが罹患しても比較的軽くすみますが、白血病やステロイドなどの免疫抑制剤を使用している人、免疫
不全の人が罹患すると重症になりやすい病気です。
学校保健安全法では、全ての発疹が痂皮化するまで出席停止となっています。

2 症状  

●発疹
体幹から全身(毛髪部や口腔内にも)に出現し、紅斑から水疱、痂皮(かさぶた)と経過していきます。
●発熱
37~38度台の発熱が2~4日程度続くことが多いとされていますが、発熱症状がない場合もあります。
●その他
大人が罹患すると、肺炎や肝炎、脳炎を合併して重症化することがあります。
●合併症
2次的皮膚細菌感染症、肺炎、肝炎、脳炎、ライ症候群などがあります。 

3 予防接種と対処方法  

●予防接種
任意接種の水痘ワクチンがあります。
副反応はほとんど認められませんが、時に発熱、発疹がみられ、まれに局所の発赤、腫脹、硬結がみられます。
ワクチン接種者の約20%が、その後感染すると発病しますが、軽症の場合が多いといわれています。
●対処方法
水痘(水ぼうそう)と診断されたら、患部をひっかかないように爪を短く切ったり、皮膚を清潔に保ちましょう。

4 全国の流行状況

 過去10年間の全国の流行状況はこちらをクリックしてください。
      (全国感染症発生動向調査週報(IDWR)

 

問い合わせ先

 置賜総合支庁 (置賜保健所)
 生活衛生課 感染症予防担当
 電話 0238‐22‐3002(担当直通)
 住所 992-0012
     山形県米沢市金池7丁目1-50


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018年01月24日:構成変更

関連情報