ホーム > 組織で探す > 総合支庁 > 置賜総合支庁 > 置賜生活衛生課 > 感染症担当 > 感染症発生動向調査 > 流行性耳下腺炎

流行性耳下腺炎

1 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)とは

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は、ムンプスウイルスによる感染症です。
患者の唾液の飛沫を、鼻や口を通して鼻・咽頭部から吸い込むことによる飛沫感染と患者の唾液で

汚染されたものと接触する接触感染があります。
家庭や保育所、幼稚園、学校など子供同士が密接に接触するところで流行します。
潜伏期間は2~3週間で感染力は比較的弱く、不顕性感染(感染していても症状が出ない)もあります。
不顕性感染は、女性や乳児に多いといわれています。
学校保健安全法では、耳下腺の腫脹が消失するまで出席停止となっています。

2 症状  

●耳下腺のはれ
耳下腺部(耳たぶ~耳の前のあごのライン)が腫れます。普通は片側から始まりその後両側が腫れます
(片側だけしか腫れない人もいます)。腫れは痛みがありますが赤くなったりはせず、3日くらいでピークを
むかえ7~10日で消失します。
●発熱
約80%の人に発熱がありますが中程度の発熱が多く、発熱期間も合併症がなければ1~3日程度が多い
ようです。
●その他
耳下腺が腫れて痛いため、食べ物が食べにくい、飲み込みにくいなどの症状があります。
また、顎の下や顎と首の間にある唾液腺が腫れ、耳下腺の腫れと同じで痛みを伴う場合があります。
●合併症
無菌性髄膜炎、脳炎・脊髄炎、精巣炎・卵巣炎、膵臓炎、聴力障害、心筋炎などがあります。 

3 予防接種と対処方法 

●予防接種
任意接種のおたふくかぜワクチンがあります。
副反応としては無菌性髄膜炎がありますが、報告頻度は2000~3000人に1例程度です。
●対処方法
流行性耳下腺炎と診断されたら、通院以外の外出は控えましょう。
家庭では患者も周囲の人もよく手を洗い、唾液がつく可能性もあるのでタオルなどは別にしましょう。

4 全国の流行状況

過去10年間の全国の流行状況はこちらをクリックしてください。
      (全国感染症発生動向調査週報(IDWR)

問い合わせ先

置賜総合支庁 (置賜保健所)
生活衛生課 感染症予防担当
電話 0238‐22‐3002(担当直通)
住所 992-0012 山形県米沢市金池7丁目1-50 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018年01月24日:構成変更

関連情報