ホーム > 組織で探す > 企業局 > 企業局鶴岡電気水道事務所 > 太陽光発電設備

太陽光発電設備

太陽光発電設備の概要

庄内広域水道用水供給事業の朝日浄水場に太陽光発電設備を設置しました。

太陽光発電設備で発電した電力は、浄水場で使用する電力の一部として使われます。

また蓄電池も設置しており、災害時には電話やFAXなどの情報通信機器の非常用電源として活用できるようにしております。

環境省の再生可能エネルギー等導入推進基金の公共施設再生可能エネルギー等導入事業を活用して整備しております。

 

 

太陽光発電パネル

太陽光発電パネル

蓄電システム

蓄電システム

 

 

朝日浄水場は積雪地域であるため、太陽光発電パネルは浄水場壁面に取り付けました。

 

 太陽光発電パネル

単結晶系ハイブリッド型  240W × 48枚 

最大出力 11.52kW      (パナソニック製)

 パワーコンディショナー

(蓄電システムに内蔵)

3相3線式 定格電圧 202V 定格出力電流 29A

定格出力電力  10kW  (パナソニック製)

 蓄電システム

リチウムイオン 電圧 48.1V 容量 55.2Ah  6台

蓄電容量 15kWh  

 

 太陽光発電の実績(PDF 254kb) ← 鶴岡電気水道事務所 再生可能エネルギーの取組 実績ファイル

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ