ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > こども医療療育センター > 療育支援事業 > 療育等支援事業

療育等支援事業

 

 

 

ご案内事業内容のページに移動します。療育支援事業福祉制度のページに移動します。機関紙のページに移動します。

suport system 

療育支援事業
研修会

 

 

 

 


 

障がい児等療育等支援事業

 在宅で障がいを持っている方の地域における生活を支えるため、身近な地域で療育指導等が受けられる療育機能の充実を図り、地域の障がいを持っている方及びそのご家族の福祉の向上を目的としています。

事業の内容
  1. 外来療育相談
    在宅で障がいを持っている方やご家族に対し、相談員を中心としてセンターの職員が相談支援を行っています。
    また、福祉情報の提供を目的として、広報紙:そよかぜ通信を発行しています。
  2. 地域療育機関への専門職員派遣
    地域の児童デイサービス事業所や障がい児が通っている放課後児童クラブ等の療育機関に対して、利用者の障がいに応じた専門職員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、歯科衛生士、判定員、保育士、相談員等)が訪問し、技術の指導、助言を行います。 
    職員の派遣を希望される場合は、相談課までご連絡ください。
  3. 療育機関に対する支援
    療育機関の担当者の連絡会議や、障がい児の療育に携わる保育士、幼稚園教諭、保健師、療育機関の職員を対象に研修会を行います。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報