ホーム > 組織で探す > 健康福祉部 > こども医療療育センター > 案内 > センターの概要

センターの概要

 

 

 

ご案内事業内容のページに移動します。療育支援事業のページに移動します。機関紙のページに移動します。

infomation 

TOPページ
センターの概要
案内図
個人情報保護
センターのパンフレット
お知らせ

 

 

 

 


運営方針

  こども医療療育センターは、障がい児(者)の多様化する福祉ニーズを的確に捉え、市町村等の関係機関と連携しながら、センターが有する医療、機能訓練、生活指導等の専門的機能を活かして、障がい児(者)に対する医療・療育サービスを総合的に提供することにより、県民の医療・福祉の向上に資することを基本的役割とする。

 

ミッション(使命、役割)
 障がいをもった子どもを中心に、安心して信頼のおける医療・療育を提供する。

 

ビジョン(目指す姿)
 障がい児医療、福祉の質の向上を図り、県民から信頼されるセンターを目指す。

 

重点項目

(1)専門的医療のみならず、さまざまな障がいに対応できる医療

   の提供を行うとともに、障がい児の発達、社会適応への支援を

   推進する。
   ① 常時濃厚な医療が必要な重症児への適切な対応並びに受け

    入れ
   ② 増加する発達障がいの相談、受診に向けた適切な対応
   ③ 福祉面での短期入所、療育相談事業などの在宅障がい児、

     家族への支援強化
   ④ 通園、通所の利用拡大と療育の充実
 

(2)総合的な医療・療育サービスを提供し続けるため、さまざま

   な機関と連携を強化する。
   ① 診療体制を継続・充実するために山形大学医学部からの協

     力体制確保
   ② 障がい児(者)が地域で安心して生活できるよう、市町村

     や医療機関、学校・幼稚園・保育所、福祉サービス事業所等

     との連携強化
   ③ 施設運営に欠かせない専門職の育成に資するために、看

     護、保育、理学療法、作業療法、言語聴覚療法などの実習や

     学生の積極的な受け入れ
 

(3)障がい児(者)のニーズの多様化等を踏まえた施設・設備の

   整備を引き続き進める。
   ① 医療・療育サービスの一層の充実に向けて、近年、整備を

     行った新医療棟や医療機器等の有効活用
   ② 老朽化等により改修・更新が必要な管理・療育棟の施設・

     設備の計画的に整備

 

 

センターのあゆみ
 昭和57年 7月…開設(肢体不自由児入所・通園)
                        (肢体不自由者入所・通所)
 昭和57年 7月…常陸宮同妃両殿下お成り
 昭和61年 4月…難聴幼児通園開設
 昭和63年 9月…皇太子同妃両殿下行啓
 平成  9年 4月…重症心身障がい児(者)通園事業開始
 平成10年 4月…総合療育訓練センター庄内支所開設
 平成13年 4月…肢体不自由児入所定員変更90名→60名
          3棟体制から2棟体制となる
 平成17年10月…山形県発達障がい者支援センター開所
 平成 2年    4月…児童福祉法の改正により、医療型障害児
              入所施設、福祉型児童発達支援センター、
              医療型児童発達支援センターとなる。
 平成25年 3月…成人部門(障がい者支援施設)の廃止
 平成27年12月…医療棟増築工事完成
 平成28年 4月…名称を「こども医療療育センター」に改称
          医療棟開所式
  平成30年11月…皇太子殿下行啓
 
施設の規模
 敷地面積 52,056.39㎡(15,747.06坪)
        ほか、取付道路 2,151.19㎡
 建物面積 14,550.63㎡(4,409.28坪)
 温  泉 入所児・者の温泉訓練及び浴用に供するた
め、上山温泉
     水を導入しております。
      毎分21.6リットル・1日31,104リットル 64.3℃
      ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
施設の特色

 児童福祉施設と医療施設の機能を活用し、隣接するゆきわり養護学校との連携のもと、規則正しい集団生活を通して、個々の児童の能力に応じた療育を行っています。
 社会性、自主性、創造性を高め、情操を豊かにし、健全な心身の発達を目標としています。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報