ホーム > 組織で探す > 県土整備部 > 下水道課 > みず・エコ・きっず > やってみよう

やってみよう

1.はじめよう!エコ生活 ~しぜんにやさしい生活を~

 食べ残(のこ)しや料理(りょうり)をしたあとの油(あぶら)はどうしていますか?そのまま川へながれると、魚がすめるくらいの水にするには、これだけの水が必要(ひつよう)です。
 

米のとぎ汁(しる)
(米3合分 2,400ml.)
おふろ
300リットルのおふろ
 5.6杯分 700倍の水
    (
はいぶん)        (ばい)
マヨネーズ
(大さじ1杯分 15ml)
おふろ
300リットルのおふろ
 12杯分 24万倍の水
料理のあとの油
(天ぷら1回分 500ml)
おふろ
300リットルのおふろ
 330杯分 20万倍の水
     約1年分のおふろの水!!


 下水道(げすいどう)につないでいても・・・

 下水道は、よごれた水をきれいにしてくれるエコ生活のたのもしい味方(みかた)です。しかし、下水道にも弱点(じゃくてん)があります。たとえば、食べ残しや油を下水道にながすと、下水道管(げすいどうかん)をつまらせたり、浄化(じょうか)センターの働(はたら)きを弱(よわ)めたりしてしまいます。せっかく下水道につないでいても、これでは十分(じゅうぶん)に水をきれいにすることができません。

  下水道はみんなのもの。マナーを守(まも)り、正(ただ)しく使(つか)いましょう!  

 
 下水道の正しい使い方 
~正しく使えば自然(しぜん)にもやさしいよ~

台所(だいどころ)では

・よごれのひどい食器(しょっき)は、紙(かみ)などでふきとってから洗(あら)いましょう。
 【よごれもおちやすくなり、洗剤(せんざい)も少ない量(りょう)ですむよ】
・使(つか)いおわった油は、新聞紙(しんぶんし)にしみこませてゴミとしてだしましょう。
 

おふろでは

・かみのけは、そのままながれてしまわないように、古(ふる)いハブラシなどでかきとりましょう。
 

トイレでは 
・トイレットペーパー以外(いがい)のティッシュやおむつをながすとトイレがつまってしまいます。気をつけましょう。

そうじのときに
・道路(どうろ)のわきにある側溝(そっこう)に、ゴミやおちば、よごれた水などをながすと、川や海のよごれのもとになります。やめましょう。


 

   髪の毛をながさないでごみをすてないで
かみのけをながさないでゴミをすてないで

 

 

とっぷにもどる

 


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報