ホーム > 組織で探す > 警察本部 > 小国警察署 > 小国警察署協議会 > 平成30年度第2回小国警察署協議会

平成30年度第2回小国警察署協議会

平成30年度 第2回 小国警察署協議会の開催

日 時
平成30年9月28日(金) 午後3時40分から午後5時00分まで
場 所
小国警察署 会議室
出席者
 協議会委員:会長以下5人
 小国警察署:署長以下7人
 
議 題
 
1 児童を犯罪や事故から守る活動について
2 その他警察業務に対する意見、要望等
その他
視聴:住民参加避難訓練、水難救助合同訓練
 
委員からの意見等警察署の回答
 夕暮れ時にパトカーが回ってくれると、見守りと同時に交通事故の防止にもつながると思う。
 ぜひ、通学路の警戒を推進していただきたい。
 また、我々も、「ながら見守り活動」を推進していきたい。
 御意見は分かりました。通学路の警戒を推進していきます。
 御協力よろしくお願いします。
 叶水地区は高齢者が多く子供は少ない現状である。
 暗くなってから下校する生徒がいるが、声を掛けても車に乗らないので、置き去りにしてしまう感がある。これもまた不安なので、地区住民で見守り方を話し合っていきたい。
 地区住民の方の不安はごもっともです。
 子供の見守りの在り方について地区住民の方の間で意思統一を図ることは大変有意義だと思います。
 伊佐領地区は、児童・生徒はスクールバスで各自宅への送り迎えである。
 スクールバスの見守り活動を実施していきたい。
 今後ともよろしくお願いします。
 公園の公衆トイレに高校生の男女がたむろしているようだ。
 散歩などで、「ながら見守り活動」をしていきたい。
 また、人気の少ない公園を巡回して、非行の未然防止を図っていただきたい。
 情報をいただきありがとうございます。
 通学路警戒と共に、公園のパトロールを実施していきます。 
 横断歩道の側で、人待ちや携帯電話の操作をしている人がおり、横断歩行者なのかが分かりづらい。
 横断歩行者に意思表示をするよう取組みをしていただきたい。
 歩行者等に対する声掛けや交通安全教室での指導を実施していきます。
 夕暮れ時間に、部活動で走っている生徒がドライバーから見えづらい。
 反射シールや反射タスキをかけてもらえないか。
 歩行者等に対する声掛け、反射材の配布、交通安全教室での指導を実施していきます。
 交通安全町民大会で、反射材を小国町交通安全推進協議会から寄贈していただいた。
 これからの季節、除雪の際にも反射材を着けてもらうように、高齢者に話をして配布している。
  交通安全活動に御協力をいただきありがとうございます。
 今後も、高齢者交通事故防止対策を進めてまいりますので、よろしくお願いします。
 町原地内、国道113号と主要地方道川西小国線が交わる丁字路で、東部方面から国道に走行してくる車両が、止まらずに左折するので危険だ。
 指導していただきたい。
 一時停止のない丁字路交差点であるため、出勤時間帯などに急いで右左折進行する車両がいると思われます。
 現場の状況を確認して、交通指導を実施していきます。
 紅葉シーズンは、町内各路線で路上駐車やノロノロ運転が増え、あおり運転も発生する。
 パトロールの際に参考としていただきたい。
 パトロールの際に、交通指導・取締りを実施していきます。
 鮎釣りシーズンに、橋の上に駐車し川を眺めているドライバーが散見され、危険だった。
 パトロールで気が付けば良いが、立て看板があれば良いと思う。
 各シーズンに応じた交通対策を実施していきます。
 国道113号において、低速走行の車両や車線をはみ出す車両が散見され、危険である。
 このような車両を見た場合は、どのような対応をすべきか。
 停車して、すぐ110番通報してください。
 できれば、ナンバーや車種・塗色も通報していただけると助かります。
 パトカーでの現場臨場、隣接警察署に手配するなどして、当該ドライバーに交通指導を行います。
 あおり運転防止のために、「ドライブレコーダー設置中」などのステッカーがあると良いのではないか。
 貴重な御意見ありがとうございます。
 現在作成中の「追い越し禁止」ステッカーと一緒に検討させていただきます。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報