ホーム > 組織で探す > 観光文化スポーツ部 > 観光立県推進課 > 観光振興担当 > 10月末まで!庄内三十三観音御開帳~やまがた出羽百観音3年連続御開帳~

10月末まで!庄内三十三観音御開帳~やまがた出羽百観音3年連続御開帳~

観音様は悩める者の求めに応え、三十三の姿になってこれを救うとされています。

これにちなんで三十三の観音像をお参りする巡礼が古くから行われてきました。

 

県内には、最上・庄内・置賜と三つの三十三観音があり、あわせて「やまがた出羽百観音」と総称されています。

現在御開帳中の庄内三十観音を皮切りに、来年は置賜、再来年は最上と三年連続で順次御開帳されます。


庄内三十三観音は、正徳元年(1711年)頃、羽黒山内住職の発願で始まった歴史ある霊場で首番と番外を加えた35か所の札所があります。

御開帳中の10月31日(水)までの特別企画として、各札所で無料の彩色御姿(おすがた)がいただけるほか、全て巡礼された方には結願印(けちがんのいん)がいただけます。

 

ぜひこの機会に観音様と御縁を結ぶ巡礼の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

<日時>平成30年5月1日~10月31日 午前8時~午後5時

<場所>庄内三十三観音 各札所

<料金>拝観は無料。朱印代は札所ごと御朱印帳300円、笈摺200円

 

詳しい情報は「やまがた出羽百観音」ホームページをご覧ください。
http://yamagatakanko.com/dewa100kannon/

バナーおれんじ.jpg

 

総光寺

<12番洞瀧山・総光寺>

 

御姿

 <御開帳特別企画・彩色御姿>

 

結願印

 <御開帳特別企画・結願印>


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ