ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 消費生活センター > 消費者庁注意喚起 > マンション管理会社の関係者を装い、マンション全体のインターネット接続サービスが切り替わるかのように告げて、インターネット接続サービスの契約をさせる事業者に関する注意喚起が消費者庁から出されました

マンション管理会社の関係者を装い、マンション全体のインターネット接続サービスが切り替わるかのように告げて、インターネット接続サービスの契約をさせる事業者に関する注意喚起が消費者庁から出されました

マンション管理会社の関係者を装い、マンション全体のインターネット接続サービスが切り替わるかのように告げて、インターネット接続サービスの契約をさせる事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁が調査を行ったところ、株式会社レイスペック(以下「レイスペック」といいます。)及びSail Group株式会社(以下「セイルグループ」といい、レイスペック及びセイルグループを「2社」といいます。)が連携共同して、消費者の利益を不当に害するおそれがある行為(不実告知)をしていたことを確認したとのことです。

 

具体的な事例の概要は以下のとおりです。 

 

レイスペックは、「SoftBank Air」と称するインターネット接続サービス(以下「本件サービス」という。)等を提供するキャリア事業者と消費者との契約の締結を媒介するなどの業務を行っており、自ら本件サービス等の勧誘を行っているほか、セイルグループに委託して本件サービス等の勧誘をさせている。

2社は、本件サービスについてキャリア事業者から代理店登録を受けていなかったことから、消費者に対して本件サービス等の勧誘を行うに際し、自社の社名ではなく、代理店登録を受けているg-room株式会社を名のっていた。

本件において、2社が消費者に本件サービスの契約をさせていた典型的な勧誘の手口は次のとおり。

(1) マンションの管理会社の関係者であるかのように装って消費者の自宅を訪問

営業員がマンション内の消費者の自宅を訪問し、インターフォン越しに

  • 「マンションのWi-fiの回線速度が遅いので、マンションの管理会社から別の無線ルータが無償でもらえます。お話しさせてもらってもいいですか」

などと、マンションの管理会社の関係者であるかのように切り出す。

消費者は、営業員をマンションの管理会社の関係者だと思い、玄関のドアを開けるとさらに営業員は、

  • 「マンションの管理会社からお願いされてきました」

などと告げて、マンションの管理会社の依頼で来訪した旨を強調。 

(2) マンション全体のインターネット接続サービスが本件サービスに切り替わるかのように信じ込ませた上で、毎月の利用料金が安くなるなどと告げて、本件サービスの契約をさせる

営業員は、

  • 「マンションのWi-fiの回線速度が遅いので、マンションの管理会社から別の無線ルータを無償でお渡ししているんです」
  • 「各部屋のWi-fi機器を交換しなければいけません」
  • 「マンションのWi-fiが遅いから、管理会社から許可をもらってソフトバンクに切り替えます。その手続に回っています」

などと、マンション全体のインターネット接続サービスが本件サービスに切り替わるかのように告げることにより、その旨を消費者に信じ込ませる。

その際、営業員は、さらに、

  • 「毎月の料金が今より安くなります」又は
  • 「毎月の利用料金は変わりません」

と告げるとともに、本件サービスに切替後の具体的な利用料金の額も告げる。

営業員が告げた本件サービスに切替後の具体的な利用料金は、実際には、消費者が契約中のインターネット接続サービスの利用料金よりも高額になる場合があるが、消費者は、マンション全体のインターネット接続サービスが本件サービスに切り替わるのであれば、自らも本件サービスの契約をする必要があると信じ込んでいるうえ、営業員のことをマンションの管理会社の関係者として信用しているため、利用料金が安くなるなどの説明は事実であろうと信じ、契約中のインターネット接続サービスの利用料金を確認することなく、その場で本件サービスの契約を締結する。

(3) 消費者は、マンションの管理会社へ問い合わせるなどして、営業員から告げられた内容が事実と異なっていたことに気付く

消費者は、本件サービスの契約締結後、マンションの管理会社へ問い合わせるなどして、営業員がマンションの管理会社とは無関係の事業者であること、マンション全体のインターネット接続サービスを変更するという事実はないこと、本件サービスの契約により毎月の利用料金がそれまでより高くなっていることに気付く。

消費者は、本件サービスの契約解除を申し入れるが、契約締結日から解除の申出までの期間が初期契約解除制度を利用できる期間を超えていた場合には、キャリア事業者から解除料を請求される。

 

事例の詳細及びアドバイス等は、以下の消費者庁公表資料をご確認ください。

消費者庁公表資料(PDF 591.2KB) 

【相談窓口のご案内】

◆消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター等をご案内します。)

電話番号 188(いやや!)

◆警察相談専用電話

電話番号 #9110

※いずれも局番なし


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ