ホーム > 組織で探す > 防災くらし安心部 > 消費生活・地域安全課 > 交通安全対策 > 体験型高齢者等交通安全教室

体験型高齢者等交通安全教室

体験型高齢者等交通安全教室のご案内

体験型高齢者等交通安全教室とは?

  • 交通安全危険予測シミュレータにより、3画面のモニターとVRを使用した3Dのリアルな交通環境で、歩行中と自動車運転中の危険を擬似体験するものです。

  【歩行者向けメニュー】

    「足踏み」「腕振り」をするだけで画面に映し出された町並みを歩くことができ、誰でも分かりやすく体験できます。

 

  【運転者向けメニュー】

    ハンドルとペダルを使用し、画面に映し出された多様なコースを実際に運転しているような感覚で体験できます。

 

 申込経費

   無料です。

所要時間

   概ね40分から60分です。

実施日時

   4月~1月の概ね10時から15時まで(土・日・祝日、12/29~1/3を除きます。)

参加人数

   10~50人くらいが適当です。

会場の用件

   屋内で、システムの設置場所(幅3m×奥行3m)と、参加者席が必要です。

   ※エレベーターがない建物の場合、1階の会場を準備願います。

申込方法

   山形県交通安全対策協議会(県庁くらし安心課内 TEL:023-630-2196)に電話で日程を調整してから、交通安全教室申請書にご記入のうえ、FAXでお申し込みください。

その他

   老人クラブや高齢者サロン、デイサービスなどの各種高齢者グループでの参加や、町内会の行事などにもご利用いただけます。

 

詳細は、以下の案内等をご覧ください。

  ○体験型高齢者等交通安全教室のご案内(PDF 1.3MB)

  ○交通安全教室申請様式(PDF 45.9KB)


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報