ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 県土づくり > 交通政策 > 道の駅たかはたを拠点とした自動運転サービスの実証実験について

道の駅たかはたを拠点とした自動運転サービスの実証実験について

 国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、平成29年夏頃より順次、全国13箇所で実証実験を行う予定です。

 本県の提案により、道の駅「たかはた」がビジネスモデルの検討を行うための「公募型」実験地域の一つに選定されています。

 詳しくは、下記のホームページをご覧ください。

 

 ※道の駅たかはたを拠点とした自動運転サービス地域実験協議会HP(外部)

   http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/Michi-no-Eki/jidou-unten/index.html

 

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報