ホーム > くらし・環境・社会基盤 > 環境・リサイクル > 大気環境 > 平成24年度土壌環境放射性物質等調査結果

平成24年度土壌環境放射性物質等調査結果

 平成24年度の土壌環境放射性物質等の調査結果は、次のとおりでした。

 

1 調査概要

 (1) 調査地点

 県内の2万5千分の1地形図を4分割のメッシュに区分し、市街地、集落があるメッシュ内から、学校のグラウンド、公園の広場等を1箇所選定し、調査地点とした。(平成24年度134地点)

 (2) 調査内容

・地表~5cm、5cm~10cmの土壌の放射性物質濃度(放射性ヨウ素(ヨウ素131)、放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)の測定

・土壌採取地点の空間放射線量率の測定

 

2 結果概要

 (1) 土壌

・放射性ヨウ素(ヨウ素131)

   全地点において不検出

・放射性セシウム(セシウム134+137)

   地表~5cm : 不検出~820Bq/kg乾土

   5cm~10cm : 不検出~207Bq/kg乾土

     ※ 含水率が異なると測定値の正しい比較ができないことから、乾燥処理してから測定を行っております。

 (2) 空間放射線量率

   地上50cm : 0.04~0.16μSv/h

   地上1m : 0.04~0.16μSv/h

      【参考】

         ○国際放射線防護委員会(ICRP)による平常時の一般公衆の放射線追加被ばくの年間許容限度

            1ミリシーベルト/年  ※0.23μSv/h に相当(環境省)

       

   調査結果一覧

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ