ホーム > 県政運営・地域情報 > 県政基本情報 > 決算 > 決算審査

決算審査

 

 1 概 要

 

 知事は、一般会計、特別会計及び公営企業会計の決算について議会の認定を受けるに当たって、決算書等を監査委員の審査に付し、その意見を付けて議会に提出することとされています。
 監査委員は、審査に付された決算書等について計数を確認するとともに、定期監査等の結果をも踏まえて、予算の執行が適正かつ効果的、経済的に行われているかなどの観点から審査を行い、知事に対して決算審査意見を提出しています。

2 決算審査意見書の知事への提出

  令和元年度の「歳入歳出決算及び基金運用状況審査意見書」、「公営企業会計決算審査意見書」、「病院事業会計決算審査意見書」及び「健全化判断比率・資金不足比率の審査意見書」を、令和2年9月18日に知事に提出しました。
 
小野委員による説明の様子 小野委員より意見書が知事へ手交される様子
 
木村委員より意見書が知事へ手交される様子 知事側出席者の様子  

 

3 決算審査意見

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ