ホーム > 補助・助成・融資 > 商工業・観光・労働雇用 > 「やまがた子育て・介護応援いきいき企業」を募集しています!

「やまがた子育て・介護応援いきいき企業」を募集しています!

※※応募受付期間は、令和元年5月1日から令和2年2月29日までです※※
 
 ~ 「女性の活躍推進」や「仕事と家庭の両立支援」等に取り組む企業等を登録・認定し、県がサポートします~ 
 
いきいきパンフ画像
 

1 認定要件

県内に活動拠点を有する企業、事業所、法人、団体等のうち、次の3つの要件をすべて満たすこと。※国、及び地方公共団体を除く

以下のいずれかに該当すること

◎宣言企業(平成31年度以降新規募集は行いません)
  認定基準(※)のうち、2つ以上に取り組む計画がある企業
 
◎実践(ゴールド)企業
  認定基準(※)のうち、2つ以上に取り組んでいる企業 
 
◎優秀(ダイヤモンド)企業
  認定基準(※)のうち、4つ以上に取り組んでいる企業(但し、認定基準1と2については、必須該当項目)  
 
※ 認定基準
 
 1 女性の活躍推進
   ~女性を積極的に管理職等に登用している企業~
 2 仕事と家庭の両立支援
   ~従業員のワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組んでいる企業~
 3 出産・育児・介護等により退職した女性の再雇用等
   ~出産・育児・介護等により退職した女性の再雇用や、女性の継続就業の支援に積極的に取り組んでいる企業~
 4 男女ともに働きやすい職場づくり
   ~従業員の働きやすい職場づくりに積極的に取り組んでいる企業~
 5 県民の結婚支援・子育て支援・若者応援・地域貢献
   ~県民の結婚支援・子育て支援・若者応援・地域貢献に積極的に取り組んでいる企業~
    
詳細については、認定基準チェックリスト(PDF:153KB)をご覧ください。

ワーク・ライフ・バランス推進員を設置すること

企業等において、1名以上のワーク・ライフ・バランス推進員(以下「推進員」という。)を設置し、推進員は、企業等内におけるワーク・ライフ・バランス推進のため、従業員に対する相談・広報・企画業務等に取り組むこととします。
 
<主な取組み例>

相談 

〇ワーク・ライフ・バランスに関する相談窓口として、従業員からの相談を受け付けるとともに、従業員の仕事と家庭の両立等の状況を把握して、企業等内の各種制度の利用を促進する。

広報

○ワーク・ライフ・バランスの推進に関する県等との連絡窓口として、社内で情報を発信する。
○「ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰受賞企業」の取組みを社内へ周知する。 
○ワーク・ライフ・バランスに関する研修等への参加により、他社の取組みを社内へ周知する。
○従業員に対し、企業等内の各種制度及び国・県の助成制度等を周知する。

企画

○県が作成した「ワーク・ライフ・バランス実践マニュアル」「取組み事例集」等を活用し、従業員のワーク・ライフ・バランスの実現に向けた新たな取組みを企画する。 
 
詳細については、ワーク・ライフ・バランス推進員制度実施要領(PDF:248KB)をご覧ください。

事業主又は役員が暴力団員でないこと、もしくは暴力団又は暴力団員と密接な関係を有しないこと

2 認定企業へのサポート

 
登録すると・・・こんなメリットがあります。
 
 ♦ 県のホームページや各種広報で企業の取り組みを紹介しますので、企業のイメージ・信用・知名度がアップします!
 
 ♦ 女性を管理職に登用した場合や、男性職員が育児休業を取得した場合等に、奨励金を支給します!
 
  産業活性化支援資金(山形県商工業振興資金融資制度)において優遇金利を適用します!
 ♦ 登録・認定マークの使用ができます! 
 
 ♦ 優秀(ダイヤモンド)企業盾を交付します!
   ※優秀(ダイヤモンド)企業のみ
 
 ♦ 山形県競争入札参加資格者名簿(建設工事)における発注者別評価点の加点の優遇措置を受けられます!
   ※「実践(ゴールド)企業」、「優秀(ダイヤモンド)企業」のみ
 
 ♦ 「ワーク・ライフ・バランス推進員」設置のぼり旗を交付します!(1回に限り交付)
   
 ♦ ワーク・ライフ・バランスに関する冊子等を提供します!
 
 ♦ 各種研修会への参加等を支援します!(情報提供)
 
 ♦ 〈荘銀〉女性活躍企業応援融資(荘内銀行・日本政策金融公庫協調融資)において特別利率を適用します!
 
 ♦ 働き方改革推進支援資金(地公体推進施策関連)【日本政策金融公庫融資制度】において特別金利を適用します!
    日本政策金融公庫融資制度について詳しくはこちら(外部サイトに移動します)
 
 ♦ 市町村からも支援措置が適用されます!(支援措置のある市町村及び支援措置の内容は以下を御覧ください。)
 
 
市町村名各市町村からの支援措置
山 形 市    平成31・32年度の競争入札参加資格者名簿(建設工事)における発注者別評価点について、資格審査基準日(平成31年1月31日)において、実践(ゴールド)企業に対し5点、優秀(ダイヤモンド)企業に対し10点加点する。 
上 山 市 「次世代育成支援対策推進法」で認定、または「やまがた子育て・介護応援いきいき企業」として登録・認定されている企業で市内に事業所がある中小企業に対し、正社員が産休・育休を取得の上復帰した場合に交付する。
 (対象企業)製造業、製造関連卸売業、運送業、倉庫業、建設業、旅館業等
 (補助条件)市内事業所に勤務する女性従業員に連続して6か月以上の育児休業を取得させた後、平成31年度内に対象従業員が復職していること。
 (補助金額)1人あたり10万円
山 辺 町
 「競争入札参加者名簿(建設工事)」における発注者別評価点を2点加点。
 ※実践(ゴールド)企業、優秀(ダイヤモンド)企業のみ。 
新 庄 市
 Ⅰ 指名競争入札参加資格者名簿における主観的審査事項の評定について、実践(ゴールド)企業に対し3点、優秀(ダイヤモンド)企業に対し5点加点する。 
 
 Ⅱ奨励金の交付 ※優秀(ダイヤモンド)企業および実践(ゴールド)企業のみ
 ① 男性社員が7日以上の育児休業を取得し、育児休業期間が平成30年4月1日以後に満了しており、その後6ヶ月以上雇用されている社員がいる企業(1回に限り、10万円)
 ② 小学校就学前の子を養育する女性を平成30年4月1日以後に正社員として雇用し、6ヶ月以上雇用されている社員がいる企業(3回まで、10万円)
 ③ 雇用している女性正社員のうち、子が満1歳になる前日まで連続して育児休業を取得し、育児休業期間が平成30年4月1日以後に満了しており、かつ育児休業期間満了後6ヶ月以上雇用されている社員がいる企業(1回に限り、20万円)
 Ⅲ.トップランナーとなる企業の取組をPR
 ・新庄市公式ホームページや市の広報での掲載
 
 
真 室 川 町 町が実施する事業においてプロポーザル方式を採用した場合に、実践(ゴールド)企業及び優秀(ダイヤモンド)企業に対し、加点措置する。
鶴 岡 市
 Ⅰ 実践(ゴールド)企業及び優秀(ダイヤモンド)企業に対し、平成32・33年度の鶴岡市建設工事指名競争入札参加者名簿における発注者別評価点を10点加点する。
 
 Ⅱ 平成31年度鶴岡市中小企業ものづくり振興事業補助金の審査において、やまがた子育て・介護応援いきいき企業認定状況を勘案する。 
酒 田 市
 Ⅰ 建設工事の入札において総合評価落札方式を採用した場合に、やまがた子育て・介護応援いきいき企業のうち宣言企業に対し0.5点、実践(ゴールド)企業及び優秀(ダイヤモンド)企業に対し、1点加点措置する。

Ⅱ 「酒田市女性応援ポータルサイト」でトップランナーとなる企業をPRする。 

Ⅲ 産業振興まちづくりセンターの女性活躍支援員が、市内事業所や団体に対して、「やまがた子育て・介護応援いきいき企業」の登録・認定にかかる申請手続きを支援する。
 
 
 

3 認定の流れ

1 必要書類を県に提出 → 2 県が受理 → 3 書類審査・実地審査 → 4 認定  
5 認定証の発行  →→→→→ 各種サポートが受けられます!

必要書類

区分必要書類
宣言企業

平成31年度以降は新規募集を行いません

実践(ゴールド)企業、優秀(ダイヤモンド)企業

応募用紙(Zip・Word:29KB)

応募用紙記載例(PDF:222KB)

認定基準チェックリスト(PDF:153KB)

必要添付書類一覧(PDF:134KB)

※その他添付書類(必要に応じて)

  

4 認定時期

◎ 応募受付期間は令和元年5月1日~令和2年2月29日までです
〈応募用紙受理〉〈登録・認定〉
令和元年5月1日~6月30日令和元年7月
令和元年7月1日~8月31日令和元年9月
令和元年9月1日~10月31日令和元年11月 
令和元年11月1日~12月31日令和2年1月 
令和2年1月1日~2月29日令和2年3月 
 

5 認定の有効期間

【宣言企業】
令和2年度末
【実践(ゴールド)企業】、【優秀(ダイヤモンド)企業】
認定の有効期間は3年間となります。更新するためには、再度「応募用紙(チェックリスト)」の提出が必要です。

6 注意点

注意点やよくある間違いについて、Q&A形式でまとめております。申請の前に、是非ご覧ください。

やまがた子育て・介護応援いきいき企業総合支援事業Q&A(PDF:180KB)

7 応募書類提出先・問合せ先

〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号
山形県子育て推進部若者活躍・男女共同参画課(男女共同参画担当)
電話:023-630-2101 ファックス:023-632-8238
 
制度に関することや、サポート(支援措置)に関することなどお気軽にお問合せください。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 令和元年6月更新
  • 平成31年4月更新
  • 平成30年2月更新
  • 平成29年12月更新
  • 平成29年11月更新
  • 平成29年6月更新
  • 平成29年4月更新
  • 平成28年5月更新
  • 平成27年5月更新
  • 平成26年11月更新

関連情報