ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2019年 > 一般国道113号(新潟山形南部連絡道路)「小国道路」の新規事業採択時評価に係る意見照会について 知事コメント

一般国道113号(新潟山形南部連絡道路)「小国道路」の新規事業採択時評価に係る意見照会について 知事コメント

知事室タイトル

 

平成31年3月1日

 
 本日、国土交通省から、一般国道113号(新潟山形南部連絡道路)「小国道路」(新潟県岩船郡関川村大字金丸~山形県西置賜郡小国町大字松岡、延長12.7km)の新規事業採択時評価に係る意見照会(新規事業化候補箇所の公表)がありました。
 
 新潟山形南部連絡道路は、日本海沿岸東北自動車道と東北中央自動車道とを連結し、北陸・東北地方の高速道路を結ぶ極めて重要な横軸道路であり、両地域の産業・経済の活性化、広域観光及び地域間交流、そして頻発する豪雨・豪雪などの災害時における緊急輸送道路として、県民の生活を支える非常に重要な道路であると認識しております。
 
 このため、「小国道路」の新規事業化について、小国町長とともに国土交通省への要望活動の実施をはじめ、政府等への提案・要望を重ねてきており、是非とも新規事業化して頂くよう回答したいと考えております。
 
 今後、国土交通省で開催される「社会資本整備審議会道路分科会事業評価部会」での審議において認められれば、国の予算成立後、国土交通省から平成31年度新規事業箇所に採択されると聞いております。
 
 「梨郷道路」の整備も進んでいる中、「小国道路」の新規事業化により、新潟山形南部連絡道路はまた一段階前進いたします。これまで御尽力を重ねていただいた新潟県及び山形県の国会議員、県議会議員、沿線市町村長並びに地元の方々などご協力いただいた全ての皆様に敬意を表しますとともに、国土交通省をはじめ関係機関の皆様に心から感謝申し上げます。
 
 今後とも、一日も早く本県高速道路ネットワークが完成されるよう、県民の皆様とともに取り組んでまいります。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 31年3月1日掲載