ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2018年 > 次世代放射光施設整備に係るパートナーへの宮城県等の選定について 知事コメント

次世代放射光施設整備に係るパートナーへの宮城県等の選定について 知事コメント

知事室タイトル

平成30年7月3日

 

 文部科学省が、次世代放射光施設整備に係るパートナーとして、宮城県内での建設計画を提案した(一財)光科学イノベーションセンター、宮城県、仙台市、東北大学及び(一社)東北経済連合会を選定したことは、東日本大震災からの復興に取り組む東北地域にとって大変喜ばしいことであります。
 
 最新技術を導入した次世代放射光施設の整備が進むことにより、宮城・山形のみならず、東北全体における科学技術の発展、新しい産業の創出など地域の活性化と東北復興に大きく貢献することを期待します。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2018-07-03掲載