ホーム > 知事室 > 県議会での知事説明 > 県議会知事説明要旨2013年 > 2月定例会 (2013年3月15日、追加提案)

2月定例会 (2013年3月15日、追加提案)

知事室タイトル

県議会2月定例会(追加提案) 知事説明要旨

(2013年3月15日)

本日、追加提案いたしました議案の概要について、御説明申し上げます。

提案いたしました議案は、平成24年度一般会計補正予算など5件であります。

まず、一般会計補正予算、流域下水道事業特別会計補正予算及び港湾整備事業特別会計補正予算につきましては、公共事業等の年度内執行に向けて鋭意努力してきたところでありますが、諸般の事情から年度内に支出の終わらない見込みのある経費について、翌年度に繰り越して使用するための繰越明許費を提案するものであります。

この額は、一般会計216億7,687万2千円、流域下水道事業特別会計7億2,273万3千円、港湾整備事業特別会計2億6,900万円となり、12月議会及び今議会で先に御可決いただいた繰越明許費と合わせますと、一般会計の繰越明許費の累計額は489億7,010万5千円、特別会計を合わせた繰越明許費の累計額は、500億3,721万3千円となります。

繰越事業につきましては、引き続き、新年度予算とともに、円滑な執行に努めてまいります。

次に、山形県教育委員会委員の任命につきましては、相馬周一郎委員の辞任に伴い、その後任として提案の者を適任と認め、御同意をお願いするもの、また、山形県監査委員の選任につきましては、小山壽夫委員の任期満了に伴い、その後任として提案の者を適任と認め、御同意をお願いするものであります。

以上が、今回提案いたしました議案の概要でありますが、内容の詳細につきましては、議事の進行に従いまして、関係部課長より御説明申し上げますので、よろしく御審議のうえ、御可決くださいますようお願いいたします。


 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション