検索結果

紙本著色林和靖図 土佐一得筆 羅山賛 (しほんちゃくしょくりんなせいず とさいっとくひつ らざんさん)


名称(事業名) 紙本著色林和靖図 土佐一得筆 羅山賛
ふりがな しほんちゃくしょくりんなせいず とさいっとくひつ らざんさん
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和37(1962)年 4月 6日
所在地(市町村) 酒田市若竹町
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
中国・北宋時代、西湖孤山に隠栖し、梅を愛し鶴を飼い、自適の生涯を送った文人で、
詩人である林和靖を描いた作品である。
図は礼拝像と思われるが、道服を着て帽をかぶり、拱手して笏を持つ林和靖に、鶴と梅
を配し、簡潔に表現している。林和靖図は室町時代以来、わが国でも好画題として多くの作品が描かれているが、本作は中でも出色の出来栄えである。
画面右上に林羅山の賛「家在孤山湖在西、梅花遺愛苦吟題、芳魂化作千年雪、応是身同
一鶴棲。羅浮邨人賛」と、「羅山」(朱文方印)の印章がある。画面左下隅に印章「一得」(朱文方印)と、別に印文不明の朱印がある。
土佐一得は、慶長年間に活躍した土佐派の画家である。
室町末期~江戸初期(16~17世紀)
縦97.0㎝、横37.0㎝
問い合わせ先 公開の有無:有